待ちに待った、出産。しかし、出産時に早期胎盤剥離を起こし、35分間の心肺停止状態で蘇生されたわが子と家族の現在も続く、日々の記録です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
お兄ちゃんのこと
2008-02-10 Sun 16:14
お兄ちゃんは、この妊娠を家族の中で一番喜んでいた。

男の子か女の子かわかる日、兄ちゃんはソワソワしてた。
学校から帰るとすぐに、「どっち??」

男の子と聞いて、やった~~と大喜び

10年間、一人っ子。
彼にも手を尽くして、甘やかせてきた。
兄弟なんてできることも、半ば、あきらめていただろうし・・・

だから、お兄ちゃんは誰よりも、はるにゃーの誕生を心から楽しみにしていた。

パパ以上におなかに話しかけ、胎動も一緒に喜んでくれていた。

兄ちゃんが初めて対面したのは、心臓マッサージを停止するために同意書を
書きに、パパとあがった時だ。
Mクリニックから救急車で運ばれる私を目の当たりにし、
どんなに怖かったことか。
どんなに不安だったろうか。と思う。
はるにゃーが生還して、触っていいよ。
と言われても、お兄ちゃんは

「いい。」

と言ったという。

彼の存在も私をどれだけ支えてくれたかわからない。
時には、一番、八つ当たりされ、
彼も彼なりに傷つき、苦しんだんだと思う。

今も言う。

はるくん、かえってこれるよな~?

はるにゃーが生まれてから、旅行好きの我が家だったが、
一度もお出かけをしていない。
私もはるにゃーしか見えなくなり、時々、お兄ちゃんのことを忘れてしまうことがある。
たくさん我慢させてるな・・・

ごめんなさい。
スポンサーサイト
別窓 | パパとおにいちゃんのこと | コメント:2 | トラックバック:0
パパのこと
2008-02-09 Sat 23:08
こういう状況に陥った時の父親って・・・・

と思ってしまう。

はじめのころのパパはほんとに、社会復帰困難者のようになっていた。
会社も10日間も休んだし。

でも、最悪の精神状態のときにそばで眠ってくれたことはありがたかった。
1人じゃなく、悲しみを誰かと共有していると思うと強くもなれたし。

救急車を追いかけてきたパパとおにいちゃんは、着くやいなや、
「心臓マッサージを止めたいので、同意書を書いてほしい」
と言われたという。

基準は30分ならしい。

生死をわけた5分間・・・

恐ろしい・・・

はるにゃーは、生死の狭間で何を見たんだろう・・
みんなの声が聞こえて、かえってきたのかな。

パパはどんな思いで同意書を書きに向かったんだろうな・・・

うちのパパは、本当に、典型的な0型人間。
はるにゃーは、猪年だけど、
パパこそが、猪突猛進・・・・

私は、どちらかというと、周り気にしすぎるところがあるので
う~~ん夫婦ってバランスがよくできてるな。

時々、そんなパパにいらっとくる時もあって、よくKドクターにも
愚痴を聞いてもらったりもしたが、

パパはお勉強が大好きなので、
何を聞いても真剣で
呼吸器のモードなんかもすぐに覚えてしまった

そんなとこが時に悔しかったり・・・

でも、ほんと、本当の夫婦になれたかな。
って思う今日この頃です。

別窓 | パパとおにいちゃんのこと | コメント:9 | トラックバック:0
| はるにゃ~ママ時々ナース 新生児重症仮死~眠ったままの天使~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。