待ちに待った、出産。しかし、出産時に早期胎盤剥離を起こし、35分間の心肺停止状態で蘇生されたわが子と家族の現在も続く、日々の記録です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
許してはるにゃ~
2010-06-10 Thu 22:37
はるにゃ~へ

1日遅れてごめんね。

昨日はね、休みだったんだ~だから、朝からはりきってなんか作ろう

って思ってたのに・・・

なぜか、朝から嘔吐・下痢・・

休み1日つぶれてしまいました・・

ごめんね・・

今朝も休みたくて仕方がなかったのだけど・・

行ったさ~~~

暑くなってきたけど、そっちはどう?プールでもしてる?

通勤途中、渋滞にはまるといっつも目に入るきれいな鳥。

あれ、はるくんでしょ~?

いつもなんだか、ふと目に入ってくるもん。

「今日も1日がんばって」って言ってくれてるみたいに

おとちゃまは相変わらず、はるしゃ~ん。どこにいったの~?

って時々、大きな声を出してるよ

ママ子もふっとさみしくてしかたがない時があったり。

やっぱり元気なひなちを見ていると、なんともやりきれない気持ちになったり・・

女心は複雑だよ~

ママ子はお仕事、だいぶ~慣れたよ。病院友達もできてランチまでしたし~

上出来っしょ

どこも色々あるけど、とりあえず、看護させてもらってることに感謝。

がんばるね。

さてさて、はるくん。

ママ子個人の保険証ができたよ。

2010061022000000.jpg

そして、裏の「臓器提供意思表示」にももちろん「自分の意思」を記入。

国内で初めて行われた生体移植。初めて、「臓器移植」に関心を持った時

ママ子は看護学生だった。

「臓器移植。素晴らしい医学の進歩だな。私も自分がそうなったらぜひ使ってもらおう」

当時の意思表示カードには、ママ子は今と違うことを記入したな。

どうなって臓器が取り出されるのかわかっていた。

わかっていたうえで提供してもいい。と思っていた。

はるくんと暮らしていた時も医療者としてそう思っていたかも。

だけど、最愛の人を亡くす。という経験。

自分が遺族になった。

遺体に執着した。遺骨に執着している。

自分がよくても残される家族もいる。

そんなことを考えた時に、結論は出た。

兄ちゃんもしっかり意思表示できる。

兄ちゃんは、「心臓が動いているのに死んでいるなんて理解できない」

ときっぱり言った。

はるくんの兄はきっぱりそう言って自分でサインしたよ~。

来月には、いよいよ、法律施行なんだって。

正しい知識と認識をしっかりもって、どちらも不幸な結末にならないよう・・

みんなが他人事ではないよう。

願うばかりだね。


な~んて、暗いお手紙はなしだね~

お友達、みんな元気にしてるかな~

最近、みう姫にも会いにいけてないのよね~

連休欲しい~~~~

休みがもっとほしい~~~~

はるしゃん、明日も渋滞中、癒しにきてね





スポンサーサイト
別窓 | はるにゃ~ママ時々日記
| はるにゃ~ママ時々ナース 新生児重症仮死~眠ったままの天使~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。