待ちに待った、出産。しかし、出産時に早期胎盤剥離を起こし、35分間の心肺停止状態で蘇生されたわが子と家族の現在も続く、日々の記録です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ラブ。
2011-01-09 Sun 23:05
はるにゃ~へ

はるにゃ~、こちらは毎日、寒いです。そっちは年中あたたかいの?

また年が明けました。2011年。月日は確実に流れるよね。

ママ子の1年。去年はなんといっても、復職の年。

どんな気持ちで患者さんに向き合えるのかな~なんて考えていた。

自分の理想論となかなかそうもできない現実との狭間で

イライラすることはあるけど、それでも元気に仕事ができるってすごい。

元気に学校に保育園に行ってくれる子供たちに感謝。

元気に働いてくれるおとちゃまに感謝。

そして元気な自分の体にも感謝。

そんなことはいやと言うほどわかっていても日々の忙しさに

家族にもやさしくできなかったのも事実。

反省も込めて、今年の目標は「愛」でいこう。

意識して愛。家族への愛。友人へ愛。自分を愛そう。


LOVE注入~の彼?彼女?が大ブレイクしているのを見て、今では笑い話しになる話。

ママ子には今でも、ひそかに応援しているお笑い芸人さんがいる。

はるにゃ~が生まれた時、何を見ても笑えなかった。

世の中はお笑いブームまっただ中で、パンツ1枚で「オッパッピ~」

この人だけは、ほんとに笑えた。笑いって笑うってすごいな~

こんな状況で私、笑ってるよ~なんて、泣き笑いしながらぼ~っとした自分をよく思い出す。

だから、いまだに、この人、大好きなんだよね。

余談でした

もう、あっという間に、さんきゅ~の日がやってくる。

早いな。早すぎるな~。

はるにゃ~がいなくなって何かしないといけないんじゃないかと妙にあせったり。

はるにゃ~をみんなが忘れちゃうんじゃないかと思ったり。

自分が普通の生活することに抵抗を感じたり。

いろんな気持ちになった。

1年。また1年。

気持ちは色々変わってくる。

あの頃のことも。

きっと、自分のなかで整理できる日がくると。

今はあせらなくなった。

それが忘れることではないこともわかってきた。

今年は、休みもたくさんとって、またたくさんのお友達に会いにいきたいな~

って思ってる。

時々、大人の(ほぼ老人)の看護をしながら、やっぱり、子供の看護しようか。

と思うこともあるが、今でさえ、懸命な家族を見ると

自分とだぶり、家族へ感情を抑えられなくなることもある。

プロではなく感情的になりすぎたと反省することも多々あった。

そのこともゆっくりじっくりやってけばいいね。

今年もはるにゃ~、よろしくね。

今年はさ、年賀状書くの。つらかったよ。

1回こっきりだったけど、家族連名から「陽哉」がなくなるのは悲しいね。

はるにゃ~の絵を作ってくれたみっちちゃん。年賀状への著作権許可ありがとう。

毎年、使わせてもらいます

今年もみなさん、たくさんの年賀状、ありがとうございました。

そして、今年もどうぞよろしくお願いします。

1-b.gif


もうひとつ、目標~今年こそ、ホームページ修正したい
(あとは、痩せたい



別窓 | はるにゃ~ママ時々日記
2010年最後の手紙
2010-12-09 Thu 23:50
はるにゃ~へ

はるにゃ~、こんばんわ。ママ子は、ただいま3日日勤中。
正月も独身並みに働いちゃうよ~

ひなちゃんは、いっつも風邪っぴきで薬ばっか飲んでるよ。
それでも大病はなく、もうすぐ二歳のおしゃまさん。
ちぃパパは、期末試験も終わって、バスケ三昧。こんなにスポーツマンになるなんてね



はるにゃ~、たっくんとあやたんは、無事にはるくんたちのとこに着きましたか?

28日、29日、続けてもらったお友だちの旅立ちの知らせ。

たっくんは、はるくんにお線香をあげに、遠くから会いにきてくれた。
はるくんとおんなじ呼吸器で、なんともあの音に懐かしさを感じ、
お兄ちゃんの重みをしっかり感じた。
ママもパパも若いのに、ほんとにしっかりしてて、
そんなママとパパ、お兄ちゃん想いのやさしい妹に守られて、
ほんとにほんとに幸せだったね。

たっくんのママは、たっくんが二十歳になったら、こうするんだ。あぁするんだ。
って本当に考えてたし、いつもいつもたっくんのことばかり話してたよ。
私なんかより、ずっーと、在宅の先輩だったのに、いっつも頼ってくれて・・
妹みたいに想ってる。だから、たっくん、安心してね。
ママは、今はとっても辛くて、たっくんがいなくなった現実を受け入れていくのが精一杯なんだけど、
ちゃんと、笑えるようになるから。いつかまた会えるまで待っていてね。

たっくん。ありがとう。
お空ではるくんやみんなとゆっくり休んでね。


あやたん。
小さなかわいい女の子。
ママは、あやたんを連れて帰るのと、あやたんの命の灯火が消えてしまうんじゃないかと、
在宅することに焦っていたね。
在宅に不安だったパパを連れて、遠くからはるくんに会いにきてくれたね。
ママは、あやたんが生まれたばかりの頃は、
いっつも泣いていて、ほんとに大丈夫かなぁ。と心配していたのに、
おうちに帰って、幸せに生活して、ほんとにほんとに強くなったよね。

おうちで生活するあやたんに会いに行った時は、ほんとに安心した。
だって、ママとパパが最高に幸せそうだったから。
かわいいお手手とプニプニのほっぺ。
忘れないよ。

あやたん、しっかりお空を駆け回ってね。


私たちは、出産の時、どん底を味わった。
誰も前日まで、いいや、出産直前まで数時間後には我が子を抱いている自分の姿を疑いもしない。
幸せな妊婦だった。
出産事故、そして、子供たちの命。今後を悲観しては、悩み、戸惑い、それでも前を向いていくのに。
今度は、死を受け入れていかなきゃいけない。

「幸せだっただろうか?」また原点に戻る。出産直後のような混乱状態にひきもどる。

いったいなんなんだろうかと思う。

それでもわたしらの人生、悪いことばかりじゃない。
最高のどん底を味わったけど最高の喜びや当たり前の幸せががあることも知ったもん。


それは紛れもない。

はるにゃ~たちが教えてくれたことだね。

それでも・・・

教えてもらってばかりのママ子は、はるにゃ~のこころの声を信じることしかできないから、
時々、戸惑ったり悩んだりする。

その答えを聞ける日を楽しみに生きてくのも悪くないか。

絶対いつか会えるのだもんね。


はるにゃ~、また一年が終わるね。



今年も一年、支えてくれたたくさんのお友だちたちに感謝しながら、ありがとうだね。

(HPの掲示板のお返事が書けてなくてすいません。いつもうれしく読ませてもらってます。
PCも復活したんで来年はもう少しゆとりができるハズ!!)




takumi1.jpg
(HPより、大好きな妹にちゅ~されて幸せなたっくん)


DSC02357.jpg
(2009年会いに行った時のあやたんのお手手)

別窓 | はるにゃ~ママ時々日記
携帯からパチパチ
2010-11-09 Tue 22:05
はるにゃ~へ…というか、皆様へ

パソコンが二回目の入院です(;_;)


ハードディスクがやられていたら、皆様、また住所をお聞きするかもしれませんが、よろしくお願いしますm(__)mあ~、こんなお年賀シーズンに(泣)
バックアップ。こまめにしとかなきゃいけませんね。

と、いう訳で、はるにゃ~、今月の手紙は勘弁してね。


すまぬ(;_;)


別窓 | はるにゃ~ママ時々日記
10月の手紙。
2010-10-14 Thu 22:10
はるにゃ~へ

 大事な大事な10月のお手紙が遅くなってごめんね。

何からお話しようか。つもりすぎて忘れちゃったよ。

まずは、3歳のお誕生日だね。

やっぱり今年も雲ひとつない晴天だった。今年は雨かな~って思っていたのに。

さすが、はるにゃ~。空を見上げてとばかりの快晴だったね。

誕生日。

ほんとに、複雑な1日。毎年、毎年。ほんとに色々な気持ちになる一日。

いや。

秋風がふく頃からなんだかソワソワしてくる。

おなかを蹴っていたこと。誕生をみんなが楽しみにしていたこと。

毎日、毎日、消えてしまいたいと思いながら君に会いに行ったこと。

なすすべもなく、ただ、ただ、手を握って帰ったこと。

この手に抱くこともできず虚しく泣きながら母乳を搾ったこと。

あれから3年・・・

それと同時にはるくんが生きていた時間を超えてしまう月命日。

けどね、去年より、穏やかな気持ちで空を見上げたことも事実。

そうだ。そうだ。これでいいんだ。

そう言い聞かせて過ごした一日。

それでも1人でいたくて、ひなちは保育園。

朝から搬送された道をドライブする意味不明な私・・

みうママが訪看さん来てる隙にサプライズでお線香あげに来てくれた。

みうママとは、お互いの思いをいつも語りあってきた。

ほんとうに、助けられる。みうママ、いつもありがとう。


そのあとは、ケーキを取りに行って、初めてピザなんぞ焼いた。

3歳になったはるくんは、お子様ランチなんだろうけど、

独断でピザ。にした。おいしかったでしょ?

3年たっても忘れずにメールやメッセージ、お花を贈ってくれたお友達。

ここに思いだして訪問してくれた皆さん。

本当にありがとう。うれしかったね。はるにゃ~。


018.jpg


今年もこのケーキで。(でも、1歳のが1番似ていたと思うのは私だけ?)

014.jpg

はるにゃ~のお部屋も華やかでした。



そんなお誕生日も過ぎ、月命日のタイミングに

チームはるにゃ~の一員だったSさんからお手紙をもらった。

どうしたのだろう。と封をあけると、退職を決意した。という内容だった。

Sさんと私の出会いは、はるにゃ~をおうちにつれて帰ると早々に決めた

生後1カ月もたつかたたないかの頃だっただろうか。

年齢も近く、同じくらいのママでもあった彼女のことはすぐに信頼したし

在宅に向けて何よりも力になる存在で私も本気で彼女と向き合った。

だからこそ、お互い、よく泣いた。

言いたいことも言い過ぎるくらい言ってしまったことも多々あった。

手紙には、あの頃を振り返りながら、母としての思いや医療者としての思いが綴られていた。

読みながら私もはるくんを家で育て、そして退職を決意したあの頃を思い出していた。

男性も育児休暇をなんて言っている時代だけど、

まだまだ、子育てにおいて女性が家庭に入るケースがほとんどだろう。

当時の私も、専業主婦という職業をやってのけたことがなかったし、退職することが怖かった。

ホワイト一色には最後までなりきれなかった私は、

「もしかして、育休使いきるまでにはるくんはいないかも。」なんて考えたこともあったし

今は、家族との時間を大事にしなきゃいけない時。なんて思ってみても、

「あ~。私の人生は、これで終わったんだ」

「もう、2度と働くことなんてないのかな」

なんて考えたこともあった。

だけど、今、こうしてまた元気に復職できていること。

また、看護できていること。

あの短いけど、とても長く、太く、濃い時間だった私の育児休暇。

それは本当に大事な大事な時間だったな~なんて、振り返りながら読んだ。

Sさん、本当に、お疲れ様でした。

Sさんのおかげで自信をつけ退院を決意できた家族は数知れず。

いつか、きっと、また現場に戻ってやれる日がくるよ。

はるにゃ~も私もSさんが担当で本当によかった。

はるにゃ~と私たち家族から、本当にありがとう。

(時々??怒ってごめんね・・

いつも、ママ子の愚痴を聞いて、そんでいっつも僕をなでなでしては泣き虫のSさん。

僕も天国から応援しているよ。


はるにゃ~への手紙なのか、はるにゃ~からの手紙なのか訳がわからなくなってきたところで


今月のお手紙はしゅうりょ~~~~













別窓 | はるにゃ~ママ時々日記
はるにゃ~すまぬ(>_<)
2010-10-09 Sat 22:46

はるにゃ~の生まれた10月。はるにゃ~に伝えたいこと。たくさんあるのに、一泊二日予定でおとちゃまの実家にただいま、帰省中。


あちゃら方面の皆様。
長期に休みがとれず、またまた極秘帰省になってしまい申し訳ない(>_<)


お誕生日に、メールやら、なにやらかにやら、いつも皆様ありがとうございます!掲示板へのお返事も書けず、ほんとにごめんなさい!嬉しく読ませてもらってます(^-^*)

はるにゃ~、近いうちにみんなに、いつものお誕生日ケーキをみてもらわなきゃーね。手紙するから待っていてね。今日はとりあえず、じぃじとばぁばんとこ。一緒に帰ろう(^-^)!!
別窓 | はるにゃ~ママ時々日記
BACK | はるにゃ~ママ時々ナース 新生児重症仮死~眠ったままの天使~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。